/

女王バーティ、地元Vならず 全豪テニス準決勝で敗退

【メルボルン=共同】テニスの全豪オープン第11日は30日、メルボルンで行われ、女子シングルス準決勝で四大大会2勝のガルビネ・ムグルサ(スペイン)と第14シードのソフィア・ケニン(米国)が勝ち、初制覇を懸けて2月1日の決勝で対戦することになった。

女子シングルス準決勝でソフィア・ケニンに敗れたアシュリー・バーティ(30日、メルボルン)=共同

ケニンは第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)を7-6、7-5で倒し、四大大会で初の決勝進出。ムグルサは第4シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)を7-6、7-5で破った。

男子シングルス準決勝では2年連続8度目の優勝を狙う第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と、2年ぶり7度目の頂点を目指す第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)が対戦。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン