オリパラセレクト

フォローする

東京五輪サッカー男子、24歳以下の方向で議論

2020/4/2 23:20
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会の田嶋幸三会長は2日、理事を務める国際サッカー連盟(FIFA)内で、新型コロナウイルスの影響で来年に延期された東京五輪のサッカー男子は、24歳以下で実施する方向で議論されていることを明らかにした。通常は原則23歳以下で争われる。

今年開催の場合はオーバーエージを除き、1997年1月1日以降生まれの選手に出場権があった。この規定が変更されない見込みで、田嶋会長は「24歳に切り上げ、既に予選突破しているチームが参加することに落ち着くんじゃないかと言われている」と話した。

年齢が上がると所属先で戦力として重視される選手が多くなり、派遣義務のない五輪への参加が難しくなる懸念もある。田嶋会長は開催国として意見を聞かれた際は来年も「23歳以下が望ましい」と主張したという。

日本代表の森保一監督が今後も男子の東京五輪代表を兼務するかについては技術委員会で協議するが、田嶋会長は「代えることが前提ではない。東京五輪までの契約としている。五輪が1年延びても白紙に戻るとは思っていない」と述べた。〔共同〕

オリパラセレクトをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラセレクト 一覧

フォローする

 世界バドミントン連盟(BWF)は27日、来夏に延期となった東京五輪・パラリンピックの出場権に関する新たな規定を発表し、五輪では2019年4月末から20年4月末までとしていたポイント争いの期間に、21 …続き (5/28)

 アジア・サッカー連盟(AFC)は27日、新型コロナウイルスの影響で延期されていた女子の東京五輪最終予選プレーオフを来年2月19日と24日に開催すると発表した。中国と韓国が対戦する。
 アジアからは開催 …続き (5/27)

 日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除を受けて、東京都北区にある選手強化拠点の味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)の利用を27日から再開する …続き (5/26)

ハイライト・スポーツ

[PR]