ラグビー

ジョーンズ監督契約延長 23年ラグビーW杯まで
イングランド協会発表

2020/4/3 9:00
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】イングランド・ラグビー協会は2日、代表チームのエディー・ジョーンズ監督との契約を2023年ワールドカップ(W杯)フランス大会まで延長したと発表した。15年11月に就任して16、17年の欧州6カ国対抗で2連覇し、昨年のW杯日本大会では準優勝に導いた。

オーストラリア出身で60歳のジョーンズ監督は15年W杯で日本を率いて3勝を挙げ、イングランド初の外国出身監督として招聘された。協会を通じて「4年前は2期目の4年もやるとは思わなかったが、条件は整っている。ラグビー史上最高のチームを目指す。大望だが、可能だと信じている」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーのトップリーグ、パナソニックは25日、イングランド代表45キャップのロック、ジョージ・クルーズ(30)とウェールズ代表29キャップのCTBハドレー・パークス(32)が加入すると発表した。それ …続き (25日 11:14)

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは23日、オーストラリア国内で7月に計画されている大会への参加で障害となっている入国制限について、オーストラリア協会が同国政府と交渉を続けていること …続き (23日 18:27)

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズの渡瀬裕司最高経営責任者(CEO)は22日、チームの解散の正式決定を1週間遅らせると明らかにした。渡瀬CEOは今季の残り試合への参加が難しくなったと …続き (22日 19:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]