サッカー

サッカー、21年に女子プロL開幕へ なでしこLは存続

2019/11/14 19:44
保存
共有
印刷
その他

日本サッカー協会は14日、東京都内で理事会を開き、2021年開幕の女子プロリーグを新設することを決めた。6~8クラブを想定している参加クラブの要件は今後詰める。現在の国内トップリーグのなでしこリーグは、アマチュアとして存続させる。

新リーグは日本代表「なでしこジャパン」の強化や女子サッカーの普及に向けた起爆剤として期待され、7月に設立準備室を設置して検討を進めてきた。

21年というタイミングについて、須原清貴専務理事は「東京五輪の翌年ということが大きいポイント。世の中のスポーツ全体の機運が高まった中で、その直後にやらせていただきたい」と説明。「日本における女子サッカーを大きく発展させていきたい」と意義を強調した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのポルトガル1部リーグで7日、マリティモの前田大然はホームでのサンタクララ戦にフル出場し、前半5分に先制点となるPKを決めた。今季リーグ戦3点目。試合は2―2で引き分けた。〔共同〕
…続き (8:54)

バルセロナ戦の前半、競り合うマジョルカの久保建=右(7日、バルセロナ)=共同

 【バルセロナ=共同】サッカーのスペイン1部リーグで7日、マジョルカの久保建英がアウェーのバルセロナ戦にフル出場した。試合はメッシに3ゴールを許し、2―5で敗れた。18歳の久保建は2015年までバルセ …続き (8:53)

セルクル・ブリュージュ戦の前半、攻め込むゲンクの伊東=手前(7日、ブリュージュ)=共同

 【ブリュージュ(ベルギー)=共同】サッカーのベルギー1部リーグで7日、ゲンクの伊東純也がアウェーのセルクル・ブリュージュ戦の前半34分に、今季リーグ戦初ゴールとなる先制点を決めた。フル出場し、2―1 …続き (8:52)

ハイライト・スポーツ

[PR]