サッカー

ドイツ1部のハノーバー、原口に正式オファー 専門誌が報道

2018/5/31 19:17
保存
共有
印刷
その他

【ケルン(ドイツ)=共同】ドイツのサッカー専門誌キッカーは31日付で、同国1部リーグのハノーバーが今週、ワールドカップ(W杯)日本代表MF原口元気(27)の獲得を目指し、籍のあるヘルタに正式オファーを出したと報じた。原口が移籍を望んでいるという。

同誌によるとハノーバーが300万ユーロ(約3億8千万円)の移籍金を申し出たのに対し、ヘルタの要求は500万ユーロと開きがある。ヘルタ側はW杯ロシア大会の活躍次第で評価が上がると期待しており、交渉を急がない方針。他にドイツの別の1クラブも興味を示しているという。

原口は出場機会を求めて1月に2部デュッセルドルフに期限付き移籍し、1部昇格に貢献した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 J1鳥栖は3日、味の素スタジアムで1日に行われたFC東京戦へ向けて遠征に同行し、試合前日に発熱した選手が、佐賀県内で新型コロナウイルスのPCR検査を受けて陰性だったと発表した。
 当該選手はJリーグの …続き (21:07)

 J1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)が、YBCルヴァン・カップの鳥栖戦(5日・駅前不動産スタジアム)で遠征メンバー入りすることになった。3日、オンライン取材に応じた下平監督が明言し「ルヴァン …続き (18:10)

 日本サッカー協会は3日、来年9月に開幕する女子プロリーグ「WEリーグ」で監督に就ける女性向けの指導者資格「Associate―Pro(A―Pro)ライセンス」を新設すると発表した。第1回の養成講習会 …続き (16:18)

ハイライト・スポーツ

[PR]