/

J1広島・川辺、スイス1部移籍へ 日本代表MF

J1広島は1日、日本代表MF川辺駿(25)がスイス1部リーグのグラスホッパーに完全移籍すると発表した。現地での身体検査後に契約を結ぶ。3日にエディオンスタジアム広島で行われる鳥栖戦がJ1最後の試合となる。

広島県出身の川辺は広島の下部組織で育ち、2013年にJ1初出場。守備力が高く、得点にも絡む万能型で、J1通算182試合出場で15得点。今年初招集された日本代表では4試合1得点。

クラブを通じ「このタイミングでチームを離れることは簡単な決断ではなかったが、一サッカー選手として新しい挑戦をしたく、移籍を決めた」などとコメントした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン