/

箱根駅伝、青学大は神林・吉田ら登録 エントリー選手発表

来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームのエントリー選手(各16人以内)が10日発表され、総合連覇を狙う青学大は前回9区区間賞の神林勇太や吉田圭太、11月の全日本大学駅伝で健闘した1年生の佐藤一世らが名を連ねた。前回2区で好走した岸本大紀は外れた。

前々回王者の東海大は塩沢稀夕、名取燎太、西田壮志ら4年生が順当に入り、全日本大学駅伝優勝の駒大は2年生エースの田沢廉や1年生の鈴木芽吹らを登録。1年生ながら活躍が目立つ順大の三浦龍司、中大の吉居大和もメンバー入りした。10区間のエントリー選手は29日に決まる。

今大会は新型コロナウイルスの影響もあり、メンバー変更できる人数を従来の2日間計4人から6人に増やす。変更できるのは区間配置された正選手と補欠選手の入れ替えのみで、1日に変更できる人数は4人まで。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン