2018年11月16日(金)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

元大錦の山科親方、定年退職へ 「終わったなとさっぱり」

2018/9/13 18:06
保存
共有
印刷
その他

記者会見を終え、花束を手にする元小結大錦の山科親方(13日、両国国技館)=共同

記者会見を終え、花束を手にする元小結大錦の山科親方(13日、両国国技館)=共同

11日に65歳となり、大相撲秋場所限りで日本相撲協会を定年退職する山科親方=元小結大錦、本名尾堀盛夫、新潟県出身、出羽海部屋=が13日、東京・両国国技館内で記者会見し「終わったなと、さっぱりしている」と50年以上に及ぶ相撲人生を笑顔で振り返った。

山科親方は新入幕の1973年秋場所で横綱琴桜を破って11勝。三賞独占を果たし、北の湖らと同じ53(昭和28)年生まれの若手として「花のニッパチ組」と呼ばれた。

88年初場所限りで現役引退。2003年2月からは北の湖理事長(元横綱)ら協会トップの補佐役を約14年務めた。定年後の70歳まで協会に残れる再雇用制度を利用せず、秋場所限りで角界を去る。「不祥事がなく、淡々とやってもらいたい」と後進に全てを託した。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

休場を表明し、記者の質問に答える稀勢の里=共同

 8場所連続休場を経ての9月の秋場所は10勝5敗、稀勢の里はひとまず窮地を脱した。秋巡業でも順調に稽古を重ね、「気迫が感じられた」と春日野巡業部長(元関脇栃乃和歌)。なのに今場所は横綱として87年ぶり …続き (0:43)

栃煌山(左)がすくい投げで高安を破る(15日、福岡国際センター)=共同

 大相撲九州場所5日目(15日・福岡国際センター)一人横綱稀勢の里の休場により横綱不在となる中、3大関がいずれも平幕に敗れる波乱。
 高安は栃煌山のすくい投げに屈し、初黒星を喫した。豪栄道は錦木に逆転の …続き (15日 19:35)

(西) (東)
安美X―X大奄
明生0―0千翔
大丸4―4荒鷲
千丸0―1阿武
隆勝0―1碧山
遠藤3―4千国
隠岐9―3佐海
豊山2―0勢 
宝富3―3大栄
松鳳6―14琴奨
貴岩1―4千大
朝山1―1阿炎
嘉風1―2輝 
…続き (15日 18:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]