/

正代「感覚つかめている」 幕下と10番取り好感触

大相撲の新大関正代は29日、東京都墨田区の時津風部屋で幕下力士と約10番取った。稽古後に報道陣の電話取材に応じ、前日から相撲を取る稽古を再開したといい「(感覚を)だいぶつかめている気はする。踏み込みも良くなってきている」と好感触を口にした。

幕下力士らと稽古する正代(29日、東京都墨田区の時津風部屋)=日本相撲協会提供・共同

11月場所(11月8日初日・両国国技館)直前の5日に29歳の誕生日を迎える。これまで休場は一度もないが、腰高の取り口がけがにつながることを懸念しており「正直、若くはないので、体のケアを今まで以上に意識しないと」と気を配る。30代半ばまでの現役続行を目指していると明かし「長く相撲を取っていたいので、サプリメントとか、いいものは積極的に取り入れたい」と話した。

大関に昇進したことで、部屋への差し入れが急増。新米や野菜の他に、母校の熊本農高OBからは牛肉が約20キロ届いた。農業高校だけに、正代自身も在学中に実習で鶏の飼育をしていたという。2本足で立つ鶏は、地面に手をつかないことから角界では縁起がいいとされる。担任教諭が飼育する生き物を割り振ったそうで「今思えば感謝ですね」と笑うなど、リラックスした雰囲気だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン