/

セーリング瀬川、首位で最終日へ 五輪選考会

セーリング男子フィン級の東京五輪代表選考会第4日は13日、神奈川県葉山港沖で2レースが行われ、瀬川和正(米子産業体育館)がともに1着となって初日からの首位を保った。ここまでの全10レースを制し、2位以下に大きく差をつけた。

ようやく強風下でのレースとなり、瀬川は持久力を生かして追い風で他選手との差を広げた。2位以降は西尾勇輝(和歌山県立医大)、藤村裕二、国米創(アイヴァン)が続く。14日に最終日のレースが争われ、1人が代表に決まる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン