/

高橋はソフトバンク、高山は阪神 ドラフト会議

プロ野球のドラフト会議が22日、東京都内で開かれ、県岐阜商高の本格派右腕、高橋純平投手は3球団が1位指名で競合した末、ソフトバンクの工藤監督がくじ引きに勝って交渉権を獲得した。

プロ野球ドラフト会議でソフトバンクから1位指名を受け、チームメートに胴上げされる県岐阜商高の高橋純平投手(22日午後、岐阜市)=共同

東京六大学リーグの通算安打記録を48年ぶりに更新した高山俊外野手(明大)は阪神の金本新監督がヤクルトとのくじ引きに勝って交渉権を得た。平沢大河内野手(宮城・仙台育英高)はロッテが梨田新監督の楽天に勝って交渉権を手にした。

巨人は安定感のある右腕、桜井俊貴投手(立命大)、広島は即戦力右腕、岡田明丈投手(大商大)、西武は富士大の多和田真三郎投手、オリックスは小柄ながら豪快な打撃が魅力の吉田正尚外野手(青学大)、ラミレス新監督のDeNAは左腕の今永昇太投手(駒大)を単独で1位指名した。

平沢を抽選で外した楽天は走攻守三拍子そろうオコエ瑠偉外野手(東京・関東第一高)、高山を外したヤクルトは原樹理投手(東洋大)を1位指名。高橋を抽選で外した中日は夏の甲子園大会を制した神奈川・東海大相模高の小笠原慎之介投手を獲得。2度くじを外した日本ハムは上原健太投手(明大)を1位指名した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン