/

ヤクルト、サンタナ外野手獲得 メジャー通算77本塁打

ヤクルトは3日、新外国人選手として米大リーグで通算77本塁打のドミンゴ・サンタナ外野手(28)=195センチ、104キロ、右投げ右打ち=と1年契約を結んだと発表した。年俸は100万ドル(約1億400万円)プラス出来高払い。

昨年はマリナーズでプレーし、東京ドームで行われた開幕戦で満塁本塁打を放った。奥村政之編成部国際担当部長は「高津監督から圧倒的パワーのある選手が欲しいと言われていた。こすってもスタンドに入るような飛距離に特化した選手」と説明した。

サンタナはドミニカ共和国出身。今季はインディアンスで24試合に出場し打率1割5分7厘、2本塁打、12打点だった。球団を通じて「マリナーズで来日して以来ずっと日本でのプレーを思い描いていた。謙虚に、かつ自信を持ってスワローズの勝利に貢献したい」とコメントした。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン