/

大槻が首位発進、木下1打差2位 三井住友男子ゴルフ

三井住友VISA太平洋マスターズ第1日(12日・静岡県太平洋クラブ御殿場=7262ヤード、パー70)今季ツアー4戦目。30歳で通算1勝の大槻智春が1イーグル、3バーディー、1ボギーの66で首位発進した。木下裕太が1打差の2位。

第1日、1番でティーショットを放つ大槻智春。4アンダーで首位(12日、太平洋クラブ御殿場)=共同

宮本勝昌、秋吉翔太ら5人が68で3位に並んだ。昨年大会をアマチュアとして制し、今秋プロ転向した金谷拓実は69で8位。日本オープン選手権覇者の稲森佑貴は74で53位、この大会で過去2勝の石川遼は77で78位と出遅れた。(賞金総額1億2千万円、優勝2400万円、出場84選手=アマ5、晴れ、気温10.8度、北北東の風3.8メートル、無観客)〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン