/

カヌー日本選手権、当銘・大城組がV 男子カナディアンペア

カヌー・スプリントの日本選手権第2日は10日、石川県の小松市木場潟カヌー競技場で各種目の1000メートル決勝が行われ、男子カナディアンペアは東京五輪予選を兼ねるアジア選手権代表の当銘孝仁(三条市スポーツ協会)大城海輝(四日市協会)組が優勝した。男子カナディアンシングルは永沼崚(ユアテック)が3連覇を達成した。

男子カナディアンペア1000メートル決勝 優勝した当銘孝仁(右)、大城海輝組(10日、小松市木場潟カヌー競技場)=共同

男子カヤックシングルは棚田大志(吉本整形外科・外科病院)が勝ち、4人乗りで東京五輪代表の水本圭治(チョープロ)は2位で3連覇を逃した。男子カヤックペアは新岡浩陽(滋賀レイクスターズ)青木瑞樹(福島・安達高)組が制した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン