2018年2月20日(火)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

白鵬が稽古再開 体調不安、春場所での復帰明言せず

2018/2/8 18:12
保存
共有
印刷
その他

春場所に向け稽古を再開した白鵬(8日、東京都墨田区の宮城野部屋)=共同

春場所に向け稽古を再開した白鵬(8日、東京都墨田区の宮城野部屋)=共同

 1月の大相撲初場所を両足親指のけがで途中休場した横綱白鵬が8日、東京都墨田区の宮城野部屋で稽古を再開した。四股、すり足など基本運動で汗を流したが、左足親指に不安が残っていることを吐露。春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)での復帰について明言しなかった。

 白鵬は初場所初日の朝稽古で右足親指を負傷。4日目に左足親指も痛めて翌日から休場していた。8日の稽古では小刻みなジャンプ、そんきょの姿勢などでも状態を確認。「左は腫れが引いていなくて、圧迫する感じがある」と述べ、再検査の意向を示した。

 昨年12月には横綱審議委員会から肘をぶつけるような荒っぽいかち上げや張り手が粗暴と指摘された。初場所では“必勝パターン”を封印せざるを得なくなり、精彩を欠いた。取り口への影響について「今はけがをどうやって治すかだ。それしかない。そうじゃないと、考え方やメンタルはついてこない」と体調面の回復を最優先とした。

 春場所では北の湖を抜き、横綱在位が単独史上1位の64場所目となる。新たな金字塔を樹立する第一人者は「みんなは(自分を)強いと思っているかもしれないが、自分は弱いと思っている。だから、毎日(稽古を)やっている」と胸中を打ち明けた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワード

大相撲のコラム

相撲 一覧

現役続行を明言した豪風(19日、東京都江東区の高田川部屋)=共同

 大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)で十両転落が濃厚な38歳の幕内豪風が19日、現役続行を明言した。「心が動きだした。また頑張るということはできても、また現役復帰というのはできない …続き (19日 18:10)

部屋開きを終え、看板の前でポーズをとる東関親方と真充夫人(18日、東京都葛飾区)=共同

 東京都墨田区から葛飾区に移転した大相撲の東関部屋の部屋開きが18日に行われ、同じ高砂一門の八角理事長(元横綱北勝海)らが出席した。土俵祭り後には幕内北勝富士ら一門の関取衆も参加した稽古で新たな門出を …続き (18日 18:34)

春日野親方(右)から優勝トロフィーを受け取る栃ノ心(11日、両国国技館)=共同

 大相撲のトーナメント大会は11日、東京・両国国技館で行われ、1月の初場所で6年ぶりの平幕優勝を遂げたジョージア出身の栃ノ心が初制覇した。決勝で関脇玉鷲を力強く寄り切り、賞金250万円などを獲得した。 …続き (11日 19:05)

ハイライト・スポーツ

平昌五輪特設ページ

[PR]