2019年1月21日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

白鵬が稽古再開 体調不安、春場所での復帰明言せず

2018/2/8 18:12
保存
共有
印刷
その他

1月の大相撲初場所を両足親指のけがで途中休場した横綱白鵬が8日、東京都墨田区の宮城野部屋で稽古を再開した。四股、すり足など基本運動で汗を流したが、左足親指に不安が残っていることを吐露。春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)での復帰について明言しなかった。

白鵬は初場所初日の朝稽古で右足親指を負傷。4日目に左足親指も痛めて翌日から休場していた。8日の稽古では小刻みなジャンプ、そんきょの姿勢などでも状態を確認。「左は腫れが引いていなくて、圧迫する感じがある」と述べ、再検査の意向を示した。

昨年12月には横綱審議委員会から肘をぶつけるような荒っぽいかち上げや張り手が粗暴と指摘された。初場所では"必勝パターン"を封印せざるを得なくなり、精彩を欠いた。取り口への影響について「今はけがをどうやって治すかだ。それしかない。そうじゃないと、考え方やメンタルはついてこない」と体調面の回復を最優先とした。

春場所では北の湖を抜き、横綱在位が単独史上1位の64場所目となる。新たな金字塔を樹立する第一人者は「みんなは(自分を)強いと思っているかもしれないが、自分は弱いと思っている。だから、毎日(稽古を)やっている」と胸中を打ち明けた。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

白鵬(左)が碧山を下手出し投げで破る

 平成最後になるであろう天覧相撲。天皇陛下に特別な思いを抱き、平成という時代にこだわりを持つ白鵬にとって、絶対に負けられない一番だった。平成の大横綱は「いつも通りという気持ちで土俵に上がった」と振り返 …続き (20日 23:03)

結びの一番で碧山を下し、貴賓席で拍手を送られる両陛下に視線を送る白鵬(20日、両国国技館)=共同

 大相撲初場所8日目(20日・両国国技館)一人横綱の白鵬は平幕碧山を冷静に右下手出し投げで仕留め、8連勝で単独首位を守った。ストレート勝ち越しは46度目で自身の最多記録を更新した。
 2大関はともに黒星 …続き (20日 19:23)

(東) (西)
大奄X―X隆勝
豊山0―0琴恵
千国0―1明生
輝 3―5千翔
矢後0―0勢 
佐海6―4大丸
琴勇0―0阿炎
宝富3―4大栄
竜電2―1魁聖
遠藤1―1阿武
千大1―1朝山
嘉風9―5松鳳
正代3―1碧山
栃煌 …続き (20日 18:26)

ハイライト・スポーツ

[PR]