2018年8月18日(土)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

白鵬が稽古再開 体調不安、春場所での復帰明言せず

2018/2/8 18:12
保存
共有
印刷
その他

 1月の大相撲初場所を両足親指のけがで途中休場した横綱白鵬が8日、東京都墨田区の宮城野部屋で稽古を再開した。四股、すり足など基本運動で汗を流したが、左足親指に不安が残っていることを吐露。春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)での復帰について明言しなかった。

 白鵬は初場所初日の朝稽古で右足親指を負傷。4日目に左足親指も痛めて翌日から休場していた。8日の稽古では小刻みなジャンプ、そんきょの姿勢などでも状態を確認。「左は腫れが引いていなくて、圧迫する感じがある」と述べ、再検査の意向を示した。

 昨年12月には横綱審議委員会から肘をぶつけるような荒っぽいかち上げや張り手が粗暴と指摘された。初場所では“必勝パターン”を封印せざるを得なくなり、精彩を欠いた。取り口への影響について「今はけがをどうやって治すかだ。それしかない。そうじゃないと、考え方やメンタルはついてこない」と体調面の回復を最優先とした。

 春場所では北の湖を抜き、横綱在位が単独史上1位の64場所目となる。新たな金字塔を樹立する第一人者は「みんなは(自分を)強いと思っているかもしれないが、自分は弱いと思っている。だから、毎日(稽古を)やっている」と胸中を打ち明けた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

東日本大震災からの復興を祈願し、土俵入りを披露する横綱稀勢の里=中央(13日午後、仙台市)=共同

 大相撲の稀勢の里関と鶴竜関の2横綱が13日、東日本大震災からの復興を祈願し、仙台市若林区にある復興公営住宅の荒井東市営住宅で横綱土俵入りを披露した。
 見物した約550人の拍手を受けた稀勢の里関は「( …続き (13日 15:45)

ファンにサインをする白鵬(12日、仙台市)=共同

 大相撲の夏巡業は12日、仙台市で行われ、右膝痛を抱える横綱白鵬が手術を回避したことを明らかにした。投薬治療で様子を見る意向で「爆弾を抱えているのは間違いない。ただ、そんなに(動かすのが)邪魔なところ …続き (12日 20:29)

母校の長山中学校で野球部の後輩らと記念撮影する横綱稀勢の里(9日午後、茨城県龍ケ崎市)=共同

 大相撲の夏巡業が9日、茨城県龍ケ崎市で行われ、8場所連続休場中で同市の小、中学校に通った横綱稀勢の里が復活へ思いを語った。始まるまで1カ月となった秋場所(9月9日初日・両国国技館)に向け「また活躍で …続き (9日 18:12)

ハイライト・スポーツ

[PR]