/

スアレスが阪神残留 「優勝へ勝利に多く貢献」

阪神は24日、今季リーグ最多の25セーブを挙げたロベルト・スアレス投手(29)の残留を発表した。米大リーグの球団も関心を示す中、自由契約となったが、来季契約に合意。年俸250万ドル(約2億6千万円)で、2年契約とみられる。

ソフトバンクから加入した今季は中継ぎでスタートし、藤川の不調により抑えを任された。快速球を武器に51試合に登板して3勝1敗、防御率2.24。球団を通じ「来季こそは優勝することができるように、勝利に多く貢献できるように頑張ります」などとコメントした。(金額は推定)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン