/

陸上、男子100に山県らエントリー 24日から日本選手権

日本陸連は10日、東京五輪代表選考会となる日本選手権(24~27日・大阪市)のエントリー選手として、男子100メートルで9秒95の日本記録を樹立した山県亮太(セイコー)や前日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)、桐生祥秀(日本生命)らを発表した。

小池祐貴、多田修平(ともに住友電工)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)らも名を連ねた。サニブラウン、小池、桐生は200メートルにもエントリー。

男子110メートル障害には五輪参加標準記録を突破している金井大旺(ミズノ)高山峻野(ゼンリン)泉谷駿介(順大)が臨む。

女子の田中希実(豊田自動織機TC)は五輪代表に決定済みの5000メートルの他、800メートルと日本記録を持つ1500メートルにエントリー。5000メートルには1万メートル代表の新谷仁美(積水化学)広中璃梨佳(日本郵政グループ)も参戦する。同100メートルは日本記録を持つ福島千里(セイコー)がエントリーした。

女子長距離で39歳の福士加代子(ワコール)はエントリーリストに入らず、5大会連続の五輪出場の可能性が事実上なくなった。

男子100メートルは24日に予選と準決勝、25日午後8時半に決勝を実施。各種目で参加標準記録を突破し3位以内に入った選手が五輪代表に決まる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン