2019年2月17日(日)
スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

障害王者オジュウチョウサン、有馬記念出走へ ファン投票3位

2018/12/7 1:10
保存
共有
印刷
その他

平地競走で初勝利を挙げたオジュウチョウサンとファンの歓声に応える武豊騎手(7月、福島競馬場)=共同

平地競走で初勝利を挙げたオジュウチョウサンとファンの歓声に応える武豊騎手(7月、福島競馬場)=共同

日本中央競馬会(JRA)は6日、第63回有馬記念(23日・中山、G1)のファン投票の最終結果を発表し、障害レースでG1・5勝を含む重賞9勝を挙げたオジュウチョウサン(7歳牡馬)が10万382票の3位となった。登録手続きを経て、優先出走権を獲得する。

障害を主戦場に活躍した馬が有馬記念に挑むのは異例。9月にJRA通算4千勝を達成した武豊騎手が手綱を取る。管理する和田正一郎調教師は「オジュウの人気を再確認しました。投票で選ばれないと出走できなかった立場。期待に応えられるようしっかり調整していきたい」と話した。

同馬は2013年のデビューから平地で2レースに出走後、翌年に障害に転向した。G1の中山グランドジャンプ3連覇を含む9連勝(すべて重賞)をマークするなど障害では無敵を証明したことで、陣営は有馬記念を目標に平地に戻すことを決意。7月から武騎手を背に2連勝を飾って現在通算11連勝としている。

今年の天皇賞・秋優勝のレイデオロが11万293票でファン投票1位。牝馬3冠、ジャパンカップを制したアーモンドアイが同2位になったが、出走しない。有効投票数は152万485票。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

G1レース初挑戦を終え、記者会見する藤田菜七子騎手(17日、東京競馬場)=共同

 競馬のフェブラリーステークスは17日、東京競馬場で行われ、武豊騎手のインティが優勝し、日本中央競馬会(JRA)所属の女性騎手で初めてG1レースに挑んだ藤田菜七子騎手のコパノキッキングは5着だった。〔 …続き (17:49)

 第53回小倉大賞典(17日・小倉11R1800メートル芝14頭、G3)3番人気のスティッフェリオ(丸山元気騎乗)が1分46秒7で優勝、重賞2勝目を飾った。
 好位で外から追走したスティッフェリオは最後 …続き (17:22)

第36回フェブラリーステークスを制した武豊騎乗のインティ(6)。左は2着のゴールドドリーム(17日、東京競馬場)=共同

 第36回フェブラリーステークス(17日・東京11R1600メートルダート14頭、G1)1番人気のインティ(武豊騎乗)が1分35秒6で逃げ切って優勝、G1初制覇を7連勝で飾るとともに、1着賞金1億円を …続き (17:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]