/

楽天・田中将大がブルペンで33球 回復順調、近く初登板へ

右ふくらはぎの故障で出遅れている楽天の田中将大投手が8日、メットライフドームでの西武戦の試合前にブルペンに入り、変化球を交えて33球を投げ込んだ。日本球界に復帰後の初登板は来週中が見込まれ、順調な回復ぶりをうかがわせた。

試合前のブルペンで投球練習する楽天・田中将=左(8日、メットライフドーム)=共同

田中将は開幕2戦目の3月27日に予定されていた登板を直前に回避。チームに同行して調整を続け、石井監督は復帰時期を「17日か、もう少し手前でも考えている」としていた。13~15日は本拠地、楽天生命パーク宮城でロッテ戦、16~18日は東京ドームでの日本ハム戦が組まれている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン