/

サッカー代表に大迫・久保建ら W杯予選など2チーム編成

日本サッカー協会は20日、5月下旬から6月中旬のワールドカップ(W杯)アジア2次予選と国際親善試合に臨む日本代表を発表し、Jリーグ開催中の5月28日のW杯予選、ミャンマー戦(千葉・フクダ電子アリーナ)は海外組のみで、大迫(ブレーメン)久保建(ヘタフェ)ら26人が選ばれた。勝てばF組1位で最終予選進出が決まる。

6月3日のジャマイカとの親善試合(札幌ドーム)からは久保建ら東京五輪世代のU-24(24歳以下)代表が外れ、谷口(川崎)昌子(G大阪)ら国内組を加えた24人で再編成される。

同7日にタジキスタン、15日にキルギスとW杯予選(ともに大阪・パナソニックスタジアム吹田)で対戦。合間の11日にはJ1名古屋で指揮を執ったストイコビッチ監督が率いるセルビアとの親善試合(ノエビアスタジアム神戸)に臨む。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン