/

川口能活氏、トレセンコーチ就任へ 元日本代表GK

日本サッカー協会は7日、東京都内で理事会を開き、昨季限りで現役を引退した元日本代表GK川口能活氏(43)が、有望な若手を育成するナショナルトレセンのGKコーチに就任することが報告された。当面は指導者としての研修を受ける予定。年代別日本代表の活動で指導する可能性もあるという。

川口氏は4度のワールドカップ(W杯)で代表入りした実績を持つ。関塚隆技術委員長は「貴重な経験を生かし、指導者としても一人前になってもらいたい」と期待した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン