/

日本ハム斎藤佑樹、早大時代のフォーム目指す 練習公開

日本ハムの斎藤佑樹投手が26日、東京都内のトレーニングジムで練習を公開し、身長や腕の長さを考慮して、早大1年時の投球フォームを目指すことを宣言した。練習中も当時の映像を確認し「全部が全部を戻そうというわけじゃないが、一番近いかな」と原点に戻って飛躍を期した。

練習を公開した日本ハムの斎藤(26日、東京都内)=共同

筋肉を鍛えた直後に傾斜を使った投球練習に繰り返し励んだ。前後にフォームの映像を撮影し、課題を分析しながら体を鍛え「成長を目の前で見られる。今の自分に必要なことをこれだけ楽しくできる」と充実感をにじませた。

今季は2年連続で勝利がなかった。最速でも140キロ台前半だった球速の向上を狙い、今オフは同ジムにほぼ毎日通っているという。来年1月には早大の先輩でもあるソフトバンクの和田毅投手と練習を行う予定で、10年目の来季に向け「チームが優勝するためのワンピースになれればいい。役割を果たせるようにしたい」と意気込んだ。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン