スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

女子柔道の朝比奈「闘う医学生に」 独協医大に入学

2020/4/9 19:13
保存
共有
印刷
その他

柔道女子78キロ超級で2018年世界選手権優勝の朝比奈沙羅(パーク24)が9日、栃木県壬生町で独協医大医学部の学生証授与式に出席し、所属先を通じて「闘う医学生」をスローガンに掲げた。東京五輪代表を逃しながら現役続行し、医師を目指す朝比奈は「大きな夢が、現実的な目標に変わってきた実感があり、非常にわくわくしている」とコメントした。

独協医大に入学した柔道女子の朝比奈沙羅(9日、栃木県壬生町)=共同

独協医大に入学した柔道女子の朝比奈沙羅(9日、栃木県壬生町)=共同

現時点で父と同じ麻酔科のほか、整形外科、小児科を視野に入れ「一歩一歩着実に自分の夢をかなえるための努力をしていきたい」と述べた。

23歳の朝比奈は東京・渋谷教育渋谷高時代に東海大医学部を不合格となり、体育学部に入学。卒業後も勉強し、昨年にAO入試で合格した。今後は栃木県に住み、柔道と学業の両立を目指す。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 全日本柔道連盟(全柔連)は4日までに、新型コロナウイルス感染拡大による政府の緊急事態宣言解除に伴い、5月下旬に発表した練習再開指針の改定版を発表した。3段階の構成に無観客などの措置を講じた上で全国大 …続き (4日 20:18)

 全日本柔道連盟(全柔連)は2日、オンラインで新型コロナウイルス対策委員会を開き、4月から延期となっている全日本選抜体重別選手権、全日本選手権、全日本女子選手権の3大会について、具体案は出ていないもの …続き (2日 20:06)

 全国高等学校体育連盟(全国高体連)空手道専門部は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止となった全国高校総合体育大会(インターハイ)の代わりに、全国の3年生を対象とした個人形の大会をインターネ …続き (2日 17:58)

ハイライト・スポーツ

[PR]