/

元安美錦「いい力士人生」 引退会見、けがにも感謝

大相撲名古屋場所11日目の17日に現役を引退した元関脇安美錦の安治川親方(40)=本名杉野森竜児、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、名古屋市のドルフィンズアリーナで記者会見し「好きな相撲をここまで長くやれて、土俵に立てて幸せだった。いい力士人生だった」と感慨に浸った。

現役引退の記者会見を終え、花束を手に写真撮影に応じる元関脇安美錦の安治川親方(18日午後、ドルフィンズアリーナ)=共同

今場所が魁皇と並んで史上1位の関取在位117場所目だった。22年余りの現役生活で思い出の一番に2017年九州場所千秋楽の千代翔馬戦を挙げた。16年夏場所での左アキレス腱(けん)断裂を克服し39歳で再入幕した場所。最後に得意の上手出し投げで敢闘賞を決めて涙を流し「いい瞬間だった」と述懐した。

けがに苦しみ、今場所2日目に右膝を痛めたことが引退につながった。「けがと一緒に強くなってやってこられた。相撲と向き合えたのはけがのおかげ」と感謝の念を口にした。

今後は後進の指導に当たる。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は「けがをして、精神的な部分でも教えることができる」と期待した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン