2019年9月19日(木)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

元安美錦「いい力士人生」 引退会見、けがにも感謝

2019/7/18 18:17
保存
共有
印刷
その他

大相撲名古屋場所11日目の17日に現役を引退した元関脇安美錦の安治川親方(40)=本名杉野森竜児、青森県出身、伊勢ケ浜部屋=が18日、名古屋市のドルフィンズアリーナで記者会見し「好きな相撲をここまで長くやれて、土俵に立てて幸せだった。いい力士人生だった」と感慨に浸った。

現役引退の記者会見を終え、花束を手に写真撮影に応じる元関脇安美錦の安治川親方(18日午後、ドルフィンズアリーナ)=共同

現役引退の記者会見を終え、花束を手に写真撮影に応じる元関脇安美錦の安治川親方(18日午後、ドルフィンズアリーナ)=共同

今場所が魁皇と並んで史上1位の関取在位117場所目だった。22年余りの現役生活で思い出の一番に2017年九州場所千秋楽の千代翔馬戦を挙げた。16年夏場所での左アキレス腱(けん)断裂を克服し39歳で再入幕した場所。最後に得意の上手出し投げで敢闘賞を決めて涙を流し「いい瞬間だった」と述懐した。

けがに苦しみ、今場所2日目に右膝を痛めたことが引退につながった。「けがと一緒に強くなってやってこられた。相撲と向き合えたのはけがのおかげ」と感謝の念を口にした。

今後は後進の指導に当たる。師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)は「けがをして、精神的な部分でも教えることができる」と期待した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

貴景勝(上)が突き落としで妙義龍を下す(19日、両国国技館)=共同

 大相撲秋場所12日目(19日・両国国技館)関脇貴景勝が平幕妙義龍を突き落として10勝目を挙げ、規定により1場所での大関復帰を決めた。平幕明生が敗れたため、2敗で単独トップに立った。

 大関豪栄道は竜電 …続き (19:59)

(東) (西)
隆勝X―X東龍
豊山0―0炎鵬
阿武0―1錦木
松鳳1―1明生
佐海1―0貴源
栃煌5―2琴勇
照強1―1石浦
剣翔0―0宝富
隠岐3―3輝 
翔鵬1―2琴恵
大栄2―7千大
玉鷲3―0朝山
正代4―2碧山
北富 …続き (18:19)

【東】
鶴竜    4勝4敗4休
高安    休場
栃ノ心   5勝7敗
御嶽海   9勝3敗
阿炎    7勝5敗
北勝富士  6勝6敗
逸ノ城   1勝4敗7休
大栄翔   5勝7敗
玉鷲    7勝5敗
千代大龍 …続き (18:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。