ニュース

フォローする

ラグビーW杯、日本初戦は名レフェリー 前回決勝を担当

ラグビーW杯
2019/9/19 17:27
保存
共有
印刷
その他

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の開幕戦、日本―ロシアはウェールズ出身のナイジェル・オーウェンス氏(48)が主審を務める。前回W杯の決勝を担当した名レフェリーで昨年6月には日本―ジョージアの試合の笛も吹いた。ラグビーではボール争奪戦などでの主審の判断が勝敗を左右する。日本は試合を優位に進めるため、同氏の判定の傾向を分析している。

開幕戦で主審を務めるナイジェル・オーウェンス氏(19日、東京都調布市)

開幕戦で主審を務めるナイジェル・オーウェンス氏(19日、東京都調布市)

オーウェンス氏はW杯4大会目のベテラン。米メディアによると、同性愛者であることを告白しており、テレビ司会者を務めるなど多彩な経歴を持つ。過去に試合で不満を示した選手に説いた「レフェリーは君でなく、私。これはサッカーではない」との「名言」でも知られる。

スクラムの反則の取り方は主審によって判断が分かれる傾向にある。日本代表でスクラムを担当する長谷川慎コーチは「レフェリーによって感覚が違ったり、どこを見ているかが変わったりしてくる」と語る。プロップの具智元(ホンダ)は「(スクラムを)押してる方が有利かなと思う」と判定の印象を口にする。

強力スクラムのジョージア戦でオーウェンス氏の笛を経験しているのは、FW陣には大きな強みになりそう。長谷川コーチは「あの時のレフェリングが参考になって今のスクラムになっている」と判定への対応に自信を示した。〔共同〕

ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ニュース 一覧

フォローする
スコットランド戦で防御網を破る松島。快足を並べてサイドを破ったトライは周到な計画通りに奪ったものだった

 ラグビー日本代表が28―21と快勝した13日のW杯1次リーグ、スコットランド戦。コーチ陣と選手、それぞれの準備がかみ合っての勝利だった。
 最初のトライは計画通りに奪った。右のラインアウトから左端へボ …続き (10/15)

廣瀬俊朗氏

 大一番でも自分たちができることに集中し、鍛え上げた運動量をベースにいつも通りの準備をする。新たな歴史をつくったスコットランド戦の勝因を問われれば、それ以外に考えられない。アイルランドに続く連破で、「 …続き (10/15)

準々決勝のニュージーランド戦に向け、記者会見するアイルランドのイースタービー・コーチ(15日、千葉県浦安市)=共同共同

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、19日の準々決勝(味の素スタジアム)で大会3連覇を狙うニュージーランドに挑むアイルランドが15日、千葉県浦安市内で記者会見し、イースタービー・コーチは「特 …続き (10/15)

ハイライト・スポーツ

[PR]