/

大家、現役続行の意向 ナックルボールに手応え

米大リーグ通算51勝を挙げ、今季は米独立リーグでプレーした大家友和投手(38)が18日、来年も現役を続ける意向を示した。京都市内で「やめるつもりで動いているわけではない」と語った。現在は契約のオファーを待っているという。

昨年12月に大リーグのブルージェイズとマイナー契約を結んだが、今春キャンプ中に自由契約となった。その後は米独立リーグのアトランティック・リーグ、ブリッジポートでプレーし、26試合に先発して7勝12敗の成績だった。

昨年から投げ始めたナックルボールは「間違いなくシーズン中よりいい」と手応えを得ており、現役続行の活力になっている。大家は「次投げる場所(チーム)が見つかればいいなと思う」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン