/

オリックス・ディクソンが退団へ コロナで来日困難に

オリックスは20日、ブランドン・ディクソン投手(36)のウエーバー公示の手続きを取ったと発表した。球団によると、同投手は家族同伴を今季の来日の条件としていたが、新型コロナウイルス禍の入国制限などで実現が難しく、チームへの合流を断念した。このまま退団となる見通し。

2013年に右の先発として入団したディクソンは19年から救援に回り、昨季は39試合に登板して0勝4敗16セーブ。日本での通算成績は215試合で49勝58敗34セーブ、防御率3.32。取材に応じた球団の横田昭作国際渉外部長は「長く貢献してくれた選手なので残念だが、本人の思いを尊重したい」と話した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン