/

フェンシング、代表選手1人がコロナ陽性

日本フェンシング協会は7日までに、日本代表選手1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が確認されたと発表した。フェンシングでは昨年11月と12月にも代表選手が感染しており、3人目。日本協会は選手の詳細は明らかにしていないが「いずれも別々に発生しており関連はない」としている。

今回陽性となった選手は昨年12月25日に年内の練習を終え、今年1月5日に嗅覚に異常があり、検査を受けた。練習を再開しておらず、他選手やコーチへの接触はなかったという。日本協会は拠点とする味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)でウイルスが拡散する懸念はないとして、通常通りの練習を実施する。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン