/

柔道女子、素根輝が五輪へ決意「名前の通り金メダルで輝く」

オンラインで取材に応じる柔道女子78キロ超級の素根輝(3日)=共同

柔道の東京五輪女子78キロ超級代表の素根輝(パーク24)が3日、オンラインで報道陣の取材に応じ、優勝候補として期待される初の大舞台へ「必ず金メダルを取るのが目標。達成して、名前の通りに輝けるように頑張りたい」と決意を語った。

福岡県出身で20歳の素根は162センチと最重量級では小柄ながら豊富なスタミナを誇り、福岡・南筑高3年の2018年から全日本女子選手権を2連覇。19年に初の世界一に輝いた。若き女王として挑む本番を前に「小学校低学年から五輪金メダルを目指してきた」との思いを新たにした。

最初の緊急事態宣言が発令された昨春は大幅に活動が制限された。日本代表首脳陣も驚く猛練習で高い技術を磨いてきただけに「すごくつらかった」と話す。現在は南筑高を拠点に東京への出稽古も行えるようになり「本当に柔道漬けの毎日」と満足そうに笑った。

今春に加入したパーク24では、同じ所属で五輪男子66キロ級代表の阿部一二三と乱取りする機会もあるという。充実の環境を得て「勝つために、できる限りのことをやって試合に臨みたい」と表情を引き締めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン