/

白鵬、稽古総見欠席の意向 稀勢の里は1日朝に判断

横綱審議委員会の稽古総見を欠席する意向を示した白鵬(31日、東京都墨田区の宮城野部屋)=共同

左膝痛の影響で大相撲秋場所(9月10日初日・両国国技館)への調整が懸念される横綱白鵬が31日、東京・両国国技館内の相撲教習所で9月1日に行われる横綱審議委員会(横審)の稽古総見を欠席する意向を示した。

白鵬は東京都墨田区の宮城野部屋で四股などの基本運動を行った。秋場所で前人未到の40度目の優勝が懸かるが、膝の状態について「駄目だな。(総見に)行っても何もできない。気持ちと体が一致しないと相撲は取れない」と説明した。1日は部屋で調整する方針。

また3月の春場所で左上腕付近を痛め、7月の名古屋場所で左足首も負傷した横綱稀勢の里は、1日朝の様子を見て稽古総見への出欠を決める方針で、不透明な状況。2場所連続途中休場中で「焦らずに体をつくる。それを優先したい。一番いい状態で土俵に上がることだ」と話した。31日は江戸川区の田子ノ浦部屋で相撲を取らず、若手力士を相手に左おっつけの確認などをした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン