/

イニエスタ、神戸の新主将「大きな誇り」 バルサ戦へ意欲

J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が25日、神戸市内で報道陣の合同インタビューに応じ、23日に新主将に決まったことについて「大きな誇り。どういう行動をするかが大事。千パーセントの気持ちで役割を担いたい」と気概を示した。

報道陣の合同インタビューに応じるJ1神戸のイニエスタ(25日、神戸市)=共同

神戸は17日にリージョ前監督の辞任を発表、吉田新監督が後を引き継いだばかり。イニエスタは「チームとしてやり続けていく仕事は一緒。チームは成長していると思うので、ネガティブなことはない」と話した。

昨季途中に加入し、Jリーグ2シーズン目。日本の文化についても理解を深めているようで、天皇代替わりについて「興味がある。一つの区切りが日本にとってポジティブなものであることを願っている」と思いを寄せた。

7月にはスペイン1部リーグの強豪で、古巣のバルセロナとノエビアスタジアム神戸での親善試合開催が決まっている。将来的にバルセロナに選手として復帰することは否定しつつ「個人的にすごく特別な試合になる。チームとしてもいい試合をして盛り上げることができれば」と対戦を心待ちにした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン