2019年2月22日(金)

プロ野球

プロ野球選手会、負担軽減と補償求める 国際大会出場で

2018/12/6 17:00
保存
共有
印刷
その他

労働組合・日本プロ野球選手会は6日、大阪市内で定期大会を開き、2020年の東京五輪など来年から続く国際大会に出場する選手の負担軽減と補償を球団側に求めることを最重要課題にすると決議した。

フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した選手会長の炭谷銀仁朗捕手は「五輪やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は時期的にシーズンに直結する。大会でのけがや影響を考慮し、選手が安心して国際大会に臨めるように議論をした」と説明した。

また、中長期的な視点で球界の発展を目指す「日本プロ野球構造改革ビジョン2018」を公式ウェブ上に公開すると発表した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

21日、楽天との練習試合で3ランを放つ2年目の清宮。定位置獲得を狙う=共同

 キャンプ地を米アリゾナから沖縄に移した直後の16日、日本ハムの紅白戦に先発したのはドラフト1位の吉田輝星(秋田・金足農高)と同5位の柿木蓮(大阪桐蔭高)。昨年夏の甲子園決勝で投げ合った両右腕の“再戦 …続き (21日 21:32)

DeNAとの練習試合で先制の二塁打を放つ村上=共同

 「チッ、チッ、チッ、チーン」――。夕刻の室内練習場に響くメトロノームが正確に時を刻む音に合わせ、若手野手たちが一心不乱にバットスイングを繰り返す。一風変わったこの素振り。意図を石井琢朗打撃コーチは「 …続き (20日 21:30)

トレーニングのためナゴヤ球場を訪れた中日・松坂(19日)=共同

 右肩の炎症でキャンプから離脱した中日の松坂大輔投手が19日、トレーニングのため訪れたナゴヤ球場で取材に応じ「よくなっていると思う。少しでも早く投げたいという気持ちはある」と復帰への意欲を示した。戻る …続き (19日 18:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]