2018年12月11日(火)

プロ野球

プロ野球選手会、負担軽減と補償求める 国際大会出場で

2018/12/6 17:00
保存
共有
印刷
その他

労働組合・日本プロ野球選手会は6日、大阪市内で定期大会を開き、2020年の東京五輪など来年から続く国際大会に出場する選手の負担軽減と補償を球団側に求めることを最重要課題にすると決議した。

フリーエージェント(FA)で巨人に移籍した選手会長の炭谷銀仁朗捕手は「五輪やワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は時期的にシーズンに直結する。大会でのけがや影響を考慮し、選手が安心して国際大会に臨めるように議論をした」と説明した。

また、中長期的な視点で球界の発展を目指す「日本プロ野球構造改革ビジョン2018」を公式ウェブ上に公開すると発表した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトの奥村政之編成部国際担当部長は10日、新外国人として今季、米大リーグ、ダイヤモンドバックス傘下のマイナー3Aでプレーしたアルバート・スアレス投手(29)の獲得に動いていると明らかにした。近日 …続き (10日 20:55)

 日本野球機構(NPB)の協約・ドラフト改定委員会が10日、東京都内で開かれ、1軍公式戦に出場できる「出場選手登録」の人数を28から29に拡大することが承認された。日本プロ野球選手会の同意も得ており、 …続き (10日 19:54)

日本ハムの入団記者会見で、背番号「19」を披露する金子弌大投手。右は栗山監督(10日午後、札幌市内のホテル)=共同

 オリックスから自由契約となり、日本ハム入りが決まった金子千尋投手(35)が10日、札幌市内で入団記者会見を行い「栗山監督をはじめ球団の方の熱い情熱に心を打たれた。北海道で野球がしたいと思った」と移籍 …続き (10日 18:22)

ハイライト・スポーツ

[PR]