/

「リオ五輪でも金を」 テコンドー浜田が帰国

テコンドーの世界選手権の金メダルとトロフィーを手に笑顔を見せる浜田真由(21日、東京都渋谷区)=共同

ロシアで行われたテコンドーの世界選手権女子57キロ級で優勝した21歳の浜田真由(ベストアメニティ)が21日、帰国して東京都内で記者会見を開き「リオデジャネイロ五輪の金メダルを目指し、このまま頑張りたい」とさらなる意欲を語った。

浜田は2012年ロンドン五輪5位で、13年の前回世界選手権は銀メダルだった。今大会はスペイン選手との決勝を制して五輪を含めて日本勢初の世界一に輝き「1ミリ単位で気をつけるぐらい集中した」と振り返った。

会見に同席した全日本協会の金原昇会長は「リオ、(20年の)東京へ大きな光が見えてきた」と五輪制覇への期待を興奮気味に語った。リオ五輪の出場枠は12月に発表される世界連盟の五輪ランキングで6位までに入った選手の国・地域にまず与えられる。浜田はランク4位で世界選手権に臨んだ。全日本協会は浜田が枠を獲得した場合、そのまま代表に選ぶ方針。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン