/

広島・田中広輔は1億5000万円でサイン FAせず2年契約

広島の田中広輔内野手が17日、マツダスタジアムで契約交渉に臨み、現状維持の年俸1億5千万円プラス出来高払いでサインした。今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、新たに2年契約を結び「残留してくれて良かったと言ってもらえる成績を残して、いいパフォーマンスを見せられるように頑張る」と話した。

契約交渉を終え、ポーズをとる広島の田中広(17日、マツダスタジアム)=共同

昨夏の右膝手術から復帰した今季は選手会長も務め、出場112試合で打率2割5分1厘、8本塁打、39打点、8盗塁。「数字の面では一つも満足していない。最後までプレーできたのは、自分にとっては安心材料かなと思う」と振り返り、来季へ上積みを誓った。(金額は推定)〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン