/

西武・栗山「一本でも多く」 通算2千安打へ意気込み

西武の栗山巧外野手が21日、埼玉県所沢市の球団施設で練習を公開し、残り74本に迫る通算2千安打に向けて「目の前の打席で一本でも多くヒットを打ちたい。それの積み重ね。あまり意識せず、やっていったら近づいていくんじゃないかな」と意気込みを語った。

練習を公開し、キャッチボールする西武・栗山(21日、埼玉県所沢市)=代表撮影・共同

チームの野手最年長となる37歳。今オフは6勤1休のハイペースでトレーニングを行っている。一年間通じて戦う体をつくっているといい「休みたいと思うときでも球場に来て練習するようにしている。効果があるか分からないけど、チャレンジしてみるのはいいかな。充実度は100パーセント」と衰えない気力をみなぎらせた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン