/

ラグビーTL、薬物検査は今後も実施へ 再発防止に取り組む

ラグビー、トップリーグ(TL)の太田治チェアマンは2日、選手による薬物事件が続いたことを受けた再発防止の取り組みについて記者会見し、全選手を対象に抜き打ちの薬物検査を今後実施していく考えを明らかにした。チームでも検査を実施することを要請し「陰性の選手のみで(リーグ戦を)実施する環境を整えたい」と述べた。

日本ラグビー協会は1日、TLの全選手を対象に唾液による違法薬物検査を実施し、検査を受けた692人全員が陰性だったと発表。帰国した外国籍選手や新人選手ら受けられなかった192人も今後の公式戦出場までに検査する方針を示している。

TLは3月、日野の選手が逮捕されるなど薬物事件が続いたことを受けてリーグ戦3節分を休止した。太田チェアマンは薬物検査の準備に休止期間が必要だったと説明した上で、今後の選手教育に関し「法令順守に関する研修を繰り返すことが重要」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン