/

巨人・大城、屋外で打撃練習 「今できることを」

巨人の大城卓三捕手が23日、川崎市のジャイアンツ球場で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため非公開で自主練習した。2日続けて屋外で打撃練習を行い、球団広報を通じて「外で打てて気持ち良かった」とコメントした。

打撃練習する巨人・大城(23日、川崎市のジャイアンツ球場)=同球団提供・共同

沖縄県出身で、東海大からNTT西日本を経て入団して3年目。自慢の強打に加え、送球やリード面でも成長を見せ、定位置争いで炭谷銀仁朗捕手、小林誠司捕手を一歩リードしている。公式戦の開幕が見通せず難しい調整を強いられているが「このような状況でも練習を行えていることに感謝しながら、今できることに取り組んでいく」と前向きに語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン