/

ボクシングのメイウェザーが最高369億円 スポーツ長者番付

【ニューヨーク=共同】米誌フォーブスは10日、2015年版のスポーツ選手長者番付を発表し、5月にボクシングの「世紀の対決」を制したフロイド・メイウェザー選手(米国)が年収3億ドル(約369億円)でスポーツ選手の過去最高を大幅に更新して1位になった。これまでの最高は男子ゴルフのタイガー・ウッズ選手(米国)が08年に稼いだ1億1500万ドルだった。

日本勢では米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手が年収2300万ドルで58位、男子テニスの錦織圭選手(日清食品)が1950万ドルで92位に入った。

メイウェザー選手はファイトマネーだけで2億8500万ドルを稼ぎ、スポンサー契約などで1500万ドルを加えた。5月の試合では視聴ごとに課金されるテレビのPPV(ペイ・パー・ビュー)の件数などで、これまでの記録を軒並み塗り替えた。

2位はメイウェザー選手に敗れたマニー・パッキャオ選手(フィリピン)で1億6千万ドル。3位はサッカーのクリスティアノ・ロナルド選手(ポルトガル)で7960万ドルだった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン