プロ野球

ソフトバンク千賀、今季初めて打者へ投球 リハビリ組で調整

2020/5/28 20:26
保存
共有
印刷
その他

右前腕の張りで、リハビリ組で調整しているソフトバンクの千賀滉大投手が28日、今季初めて打者相手に投球した。福岡県筑後市のファーム施設で打撃練習に登板し、32球を投じて安打性の当たりは1本にとどめた。

公式戦開幕までは1カ月を切った。チームは調整を急がせない方針で、報告を受けた工藤公康監督はオンライン取材に対し「(次回が)シート打撃になるか、6月に入っての試合になるかのスケジュールは、リハビリの方にお任せしている」と説明。「イニングや球数をしっかり投げてもらった中で、(復帰)時期は考えていきたい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

中日を7回無失点に封じ3勝目を挙げたDeNA・井納=共同

 この日1軍に昇格した中日の根尾が、いきなり1番・右翼で起用された。プロ2年目で初のスタメンとあって意気揚々と打席に向かったが、その前にDeNAのベテラン井納が立ちはだかった。
 初球は慎重にボールにな …続き (23:26)

8回に登板し、プロ初勝利を挙げた楽天・津留崎(4日、楽天生命パーク)=共同

【楽天7―6ソフトバンク】楽天が逆転勝ちした。3―6の七回にロメロの適時打で追い上げ、八回には2死からブラッシュの適時 …続き (22:31)

 日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は4日、新型コロナウイルスの感染を調べるために12球団の全選手と監督、コーチ、球団スタッフらが月に1度行うPCR検査について、7月分は計2174人が全員陰性だっ …続き (18:31)

ハイライト・スポーツ

[PR]