/

ソフト藤田倭「もっと変われる」 ビックカメラ高崎に加入

東京五輪のソフトボール女子日本代表候補で、日本リーグのビックカメラ高崎に太陽誘電から移籍した藤田倭(30)が7日、オンラインで入団記者会見に臨み「強いチームにいて、自分がもっと変われるんじゃないかと期待している」と決断の理由を語った。ビックカメラ高崎は昨季までリーグ2連覇の強豪。藤田は投打の「二刀流」としても注目されている。

ソフトボール日本リーグのビックカメラ高崎に移籍し、上野由岐子(左)と練習する藤田倭(7日、群馬県高崎市)=共同

会見に先立って群馬県の高崎市ソフトボール場で初練習を行い、ソフトボール界を長年けん引する上野由岐子(38)と体を動かした。目標とする上野と共にプレーしたいという思いもあっただけに「誰もが認めるエースだが、自分は程遠い。たくさんのことを吸収していきたい」と話した。

1年延期となった東京五輪まで半年余り。「自分自身と今までよりも深く向き合えた。濃い時間を過ごせた」と開催を心待ちにした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン