/

ラグビー真壁が引退 サントリー、ジョーンズ氏スタッフ入り

ラグビーのトップリーグ、サントリーは14日、2015年ワールドカップ(W杯)で活躍した日本代表37キャップのロック真壁伸弥(32)が現役を引退すると発表した。19年W杯代表には選ばれなかったが「開幕戦の満員のスタジアムを見て気持ちはすっきりした。W杯イヤーで引退することは、自分の人生ではとても良いタイミング」とコメントした。今後は社業に専念する。

また、かつてサントリーを指揮したイングランド代表監督のエディー・ジョーンズ氏が「ディレクター・オブ・ラグビー」としてスタッフ入りした。来年8月まで契約が残っている同代表監督を務めながら、チーム強化などについてアドバイスする予定。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン