スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

若の里が引退 大相撲、年寄「西岩」に

2015/9/3付
保存
共有
印刷
その他

大相撲の通算出場回数で史上5位の1691回を誇る元関脇の若の里関(39)=本名古川忍、青森県出身、田子ノ浦部屋=は3日、東京・両国国技館内で記者会見を開き、現役引退を表明した。同日、日本相撲協会に引退届を提出。年寄「西岩」襲名が認められ、今後は部屋付きの親方として後進の指導に当たる。

記者会見で引退を表明し、涙ぐむ元関脇の若の里関(3日、東京・両国国技館)=共同

記者会見で引退を表明し、涙ぐむ元関脇の若の里関(3日、東京・両国国技館)=共同

会見で「子どもの頃から力士になりたかったので、ずっと現役でいたかった。ただ、先場所の千秋楽でけじめはついていた」と述べた。十両下位の名古屋場所は4勝11敗で幕下転落が確実だったが、故郷青森などで開催された夏巡業に参加し、進退表明を先送りしていた。「最後のわがままをさせてもらった。青森のファンが引退を少し延ばしてくれた」と目を潤ませた。

将来は独立して部屋を設立する意向。「稽古も私生活も真面目に取り組む力士が一人でも多く出てきてほしい」と後進に思いを託した。

若の里関は1992年春場所で初土俵を踏み、力強い四つ相撲で三役に通算26場所在位。通算914勝は史上7位、幕内在位87場所は同8位で、三賞を10回受賞した。両膝痛など数々のけがに苦しみながら、誠実な土俵態度を貫いた。今場所の番付は東幕下4枚目。

通算戦績は914勝783敗124休。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

引退を発表した豪栄道=共同

 大相撲の大関豪栄道(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=の現役引退と年寄「武隈」の襲名が28日、日本相撲協会から発表された。地元・大阪での春場所で再起し、大関復帰に必要な10勝を目指す道も …続き (28日 22:30)

豪栄道=共同

 日本相撲協会は28日、大関豪栄道(33)=本名沢井豪太郎、大阪府出身、境川部屋=の現役引退と年寄「武隈」の襲名を発表した。今後は境川部屋付きの武隈親方として後進を指導する。かど番の初場所で負け越し、 …続き (28日 12:20)

横綱審議委員会の定例会合後、記者会見する矢野弘典委員長(27日午後、東京・両国国技館)=共同

 日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会は27日、東京・両国国技館で定例会合を開き、初場所の序盤戦で途中休場した白鵬、鶴竜の両横綱に奮起を促した。矢野弘典委員長(産業雇用安定センター会長)は「第一人者 …続き (27日 20:40)

ハイライト・スポーツ

[PR]