/

名波監督「まず勝ち点40」 J1復帰の磐田が新体制発表

名波浩監督(前列中央)とポーズを取るJ1磐田の小川航基(右隣)ら新加入選手(14日、ヤマハスタジアム)=共同

3季ぶりにJ1で戦う磐田が14日、本拠地のヤマハスタジアムで新体制を発表し、名波浩監督は「まずは残留という意味で勝ち点40にいち早く到達し、そこから目標を上方修正していきたい」と抱負を語った。

U-18(18歳以下)日本代表FWで、2020年東京五輪のエース候補と期待される小川航基(神奈川・桐光学園高)ら8選手が加入した。全国高校選手権で4ゴールを挙げ、かつて前田遼一(現FC東京)が背負った背番号18を与えられた小川航は「期待を力に変えられる性格なので、うれしく思っている。開幕から試合に出てゴールで勝利に貢献したい」と引き締まった表情で話した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン