/

サッカーU22代表に17歳久保ら アジア選手権予選

22日から

日本サッカー協会は14日、U-23(23歳以下)アジア選手権予選に臨むU-22日本代表に17歳の久保(FC東京)や、三好(横浜M)中山(ズウォレ)板倉(フローニンゲン)ら23人を選出した。この世代は2020年東京五輪の中核となる。

予選は44チームを11組に分け、各組1位と2位のうち上位4チームが本大会(来年1月・タイ)に出場する。日本はI組で22日にマカオ、24日に東ティモール、26日にミャンマーと、ミャンマーのヤンゴンで対戦する。

U-22日本代表は次の通り。

GK 小島亨介(大分)オビ・パウエルオビンナ(流通経大)波多野豪(FC東京)▽DF 板倉滉(フローニンゲン)町田浩樹(鹿島)大南拓磨(磐田)立田悠悟(清水)原輝綺(鳥栖)橋岡大樹(浦和)▽MF 中山雄太(ズウォレ)三好康児、遠藤渓太(以上横浜M)長沼洋一(愛媛)伊藤達哉(ハンブルガーSV)藤谷壮(神戸)岩崎悠人(札幌)松本泰志(広島)杉岡大暉、斉藤未月(以上湘南)久保建英(FC東京)▽FW 前田大然(松本)上田綺世(法大)田川亨介(FC東京)〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン