スポーツ > 競馬 > ニュース > 記事

競馬

シュヴァルグラン、有馬で引退へ 馬主は佐々木主浩氏

2019/11/28 16:44
保存
共有
印刷
その他

2017年のジャパンカップ(G1)を制したシュヴァルグラン(7歳牡馬)を管理する友道康夫調教師は28日、同馬が有馬記念(12月22日・中山、G1)を最後に引退し、北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬になると日本中央競馬会(JRA)を通じて発表した。

同馬の馬主はプロ野球、大リーグで活躍した佐々木主浩氏。戦績は32戦7勝(重賞3勝)で、有馬記念は昨年まで2年連続で3着になっている。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

競馬 一覧

 第60回京成杯(19日・中山11R2000メートル芝12頭、G3)7番人気のクリスタルブラック(吉田豊騎乗)が2分2秒1で優勝し、重賞初勝利を飾った。
 クリスタルブラックは後方2番手から進み、最後の …続き (19日 18:06)

 第67回日経新春杯(19日・京都11R2400メートル芝14頭、G2)2番人気のモズベッロ(池添謙一騎乗)が2分26秒9で優勝した。
 モズベッロは直線で一気に差し切った。2馬身1/2差の2着に5番人 …続き (19日 17:19)

 第57回愛知杯(18日・小倉11R2000メートル芝16頭、G3)9番人気のデンコウアンジュ(柴田善臣騎乗)が2分1秒1で優勝した。
 中団で脚をためたデンコウアンジュは4コーナーでインを突き、最後の …続き (18日 16:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]