スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

ボクシング比嘉「KOで」 元世界王者、10月に移籍後初戦

2020/9/10 15:09
保存
共有
印刷
その他

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級の元王者、比嘉大吾(Ambition)が10日、オンラインで記者会見し、10月26日に東京・後楽園ホールで堤聖也(角海老宝石)とバンタム級ノンタイトル10回戦を闘うと発表した。2階級上で世界王座返り咲きを狙う25歳の比嘉は「バンタム級で闘う準備をしてきた。KOで勝って次につなげたい」と意気込んだ。

比嘉の試合は2月以来で、白井・具志堅スポーツジムからの移籍後初戦となる。堤にはアマチュア時代に2戦2敗だったそうで「自分もこの何年かで変わったので試合が楽しみ」と話した。

比嘉は2018年の世界戦での計量失敗で王座剥奪となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

 【ジュネーブ=共同】国際柔道連盟(IJF)は23日、来年の東京五輪シーズン開幕戦に位置付けるマスターズ大会を1月11~13日にカタールの首都ドーハで開催すると発表した。新型コロナウイルスの影響で中断 …続き (24日 9:32)

 ボクシングのミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した高山勝成(37)=寝屋川石田=が、プロ復帰戦として23日に兵庫県の三田市総合文化センターで行う予定だったライトフライ級6回戦が中止となった。対戦 …続き (23日 18:14)

 日本ボクシングコミッション(JBC)は23日、ミニマム級で世界主要4団体の王座を獲得した高山勝成(寝屋川石田)が、同日に兵庫県の三田市総合文化センターで行う予定だったプロ復帰戦のライトフライ級6回戦 …続き (23日 11:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]