その他スポーツ

ロシアの陸上3選手、国籍変更を示唆 国際大会出場のため

2020/7/9 15:57
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=共同】女子走り高跳びで世界選手権3連覇中のマリア・ラシツケネらロシアの陸上3選手が国籍変更も選択肢にあることを示唆した。組織的なドーピング問題でロシア陸連が世界陸連から資格停止処分を受け、国際大会出場の見通しが立たない状況に「ロシア代表から去る可能性を排除しない」と述べた。8日までにロシア通信などが報じた。

国籍変更を示唆したのは他に昨年の世界選手権で優勝した女子棒高跳びのアンジェリカ・シドロワ、男子110メートル障害2位のセルゲイ・シュベンコフ。3人は同選手権は個人資格の「中立選手」として出た。

2015年11月から資格停止処分を受けているロシア陸連は、今月1日が期限だった罰金500万ドル(約5億3500万円)を支払えず、世界陸連は中立選手の審査手続きを停止。1人しか出られなかった16年リオデジャネイロ大会に続き、ロシア陸上界の五輪参加が危機にある。

「クリーンな選手を守らないスポーツ指導部の無策に疲れた」と怒り、嘆くラシツケネ。マティツィン・スポーツ相は「国籍変更後3年間はその国の代表となれない。決断は尊重するが、選手たちが何を得ようとしているか分からない」と語った。

世界陸連は今月末の理事会でロシア陸連の問題を協議する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 日本カーリング協会は5日、強化指定チームを対象とした合同合宿を北海道稚内市で開始したと発表した。昨季の日本選手権を制した女子のロコ・ソラーレなど国内トップが参加。試合形式が中心で、9日まで行われる。 …続き (15:48)

サニブラウン・ハキーム=共同

 【ニューヨーク=共同】陸上男子短距離のサニブラウン・ハキームが4日、来夏の東京五輪に向け「もちろん金メダルを目指す。金メダルを日本にもたらしたい」と宣言した。国際オリンピック委員会(IOC)のインタ …続き (10:20)

 【シンシナティ=共同】テニスの四大大会、全米オープン(8月31日開幕・ニューヨーク)の主催者は4日、シングルスの出場予定選手を発表し、2018年女子覇者の大坂なおみや男子の錦織圭(ともに日清食品)は …続き (10:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]