/

なでしこ、宮間や大儀見ら20人選出 五輪最終予選

日本サッカー協会は25日、女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選(29日~3月9日・大阪市)に臨む日本代表「なでしこジャパン」20人を発表し、宮間(岡山湯郷)や大儀見(フランクフルト)らが選ばれた。昨年の女子ワールドカップ(W杯)準優勝メンバーが16人を占め、新戦力の中島(INAC神戸)や横山(長野)も入った。

記者会見するサッカー女子日本代表の佐々木監督(25日、大阪市)=共同

予選は6チームの総当たりで争い、上位2チームが出場権を得る。4大会連続の五輪を目指す日本は29日にオーストラリア、3月2日に韓国、4日に中国、7日にベトナム、9日に北朝鮮と対戦する。

女子日本代表は次の通り。

GK 福元美穂(岡山湯郷)山根恵里奈(千葉)山下杏也加(日テレ)▽DF 近賀ゆかり、鮫島彩、田中明日菜(以上INAC神戸)上尾野辺めぐみ(新潟)岩清水梓、有吉佐織(以上日テレ)熊谷紗希(リヨン)▽MF 宮間あや(岡山湯郷)川澄奈穂美、中島依美(以上INAC神戸)阪口夢穂(日テレ)川村優理(仙台)▽FW 大野忍、高瀬愛実(以上INAC神戸)大儀見優季(フランクフルト)岩渕真奈(バイエルン・ミュンヘン)横山久美(長野)

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン