/

ボクシング比嘉がKO勝ち 元世界王者、復帰3戦目

元世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者、25歳の比嘉大吾(Ambition)が31日、東京・大田区総合体育館で世界ボクシング機構(WBO)アジア・パシフィック・バンタム級タイトルマッチ12回戦に臨み、王者のストロング小林佑樹(六島)に5回45秒KO勝ちした。

1回、ストロング小林佑樹(左)を攻める比嘉大吾(31日、大田区総合体育館)=共同

2018年の世界戦で計量に失敗し、王座剥奪となった比嘉は復帰3戦目。1回から積極的に上下に強打を放ち、最後は強烈な右アッパー2発で仕留めた。「いい試合ができた。ボクシングをやっている以上、もう一回世界チャンピオンにならないといけない」と誓った。戦績は19戦17勝(17KO)1敗1分け。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン