/

ドラ1宮川、首脳陣視察も「気付かず」 西武が新人合同練習

西武のドラフト1位新人、宮川哲投手(東芝)が9日、埼玉県所沢市のメットライフドームに隣接する新室内練習場で始まった新人合同練習で約3時間練習し、首脳陣が視察したことに「あまり気付かなかった」と心のずぶとさを見せた。

西武の新人合同練習でキャッチボールするドラフト1位新人の宮川哲投手(9日、埼玉県所沢市)=共同

育成を含む全9選手が参加。ランニングのメニューに多くの選手が音を上げた中「そんなにきつくなかった」と涼しい顔。「キャンプまでに体の切れや投球全体をさらにレベルアップして、出遅れないように調整していきたい」と力強かった。

春季キャンプでは、今季チームに復帰した松坂大輔投手と練習をともにできる可能性がある。「盗めるところは全部盗んで自分のものにしていきたい。投球術や勝てる投球、どうやったら抑えられるのか聞きたい」と目を輝かせた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン